今月のHEAVY ROTATION

JOEUマンスリーパワープレイ Monthly Power Play

「Silver Shoes」Rei



兵庫県伊丹市生。卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター/ギタリスト。

幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。

2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festival、Les Eurockeennesなどの国内外のフェスに多数出演。

2017年秋、日本人ミュージシャンでは初となる「TED NYC」でライヴパフォーマンスを行った。

2018年2月、CD+MUSIC FILM『FLY』をリリース、3月より全国7箇所のリリース・ツアー「FLYING R TOUR 2018」開催した。

2018年11月7日1stフルアルバム「Rei」リリース。

HPはコチラ:https://guitarei.com/

 

Fine Fine Music

「Please,I love you」Kasumi


DLCR-18121


12/12リリース 1stミニアルバム「kiss me」より

 

e-special e-special MUSIC

「Love Someone」ルーカス・グラハム


WPCR-18132

「セブン・イヤーズ」のグローバルヒットにて大ブレイク、一躍スターダムを駆け上り、第59回グラミー賞にて<年間最優秀レコード>と<年間最優秀楽曲>の2部門、そして<最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス>の合計3部門にノミネートされたルーカス・グラハム。

待望の新作『3(ザ・パープル・アルバム)』から「Love Someone」をPush!

 

カモ☆れでぃ★Night! Platinum tune

「スクールガール・コンプレックス」sympathy



女の子4人でできている高知県産超絶無名バンドsympathy。

高校の部活の小さな部室から生まれ、初ライブのコンテストでたまたま優勝、地元でライブをしながらオリジナル曲を作り始め、いつの間にやらレーベル・事務所と契約、そして2017年2月に3rdミニアルバム「海鳴りと絶景」でメジャーデビュー。

2018年夏には遂に全員が上京し、最高の4thミニアルバム「泣きっ面に煙」が完成。

「sympathyは“揺れるロック”を推進します。」